トピックス

群馬精工(タイランド) Communication Focus

Mfair バンコク2017 ものづくり商談会への出展

第4回Mfair バンコクものづくり商談会
開催日程: 2017年6月21日~23日 場所: BITEC

■ 商談会内容について
製造業および製造業関連企業が集まり現地調達ならび販路開拓を目的とした商談会です。

出展企業は在タイ日系企業ならびタイローカル企業が主体となりその他アジア圏(中国・ベトナム・インドネシア)数多くの企業が出展しておりました。

■ 主催者からの商談会結果報告
商談会ブース出展社: 191社
商談会への来場者数: 10,665人

GSTでは3回目の出展となりました。
事前商談申込件数: 12社
当日商談申込件数: 20社
名刺交換: 60 名

感想:
日本での商談会とは違いグローバル色豊かな商談会であり様々な国籍の人達が会場(ブース)を訪れ、英語が必須です。

私(赤石)は都度オロオロしながら対応している横で宮島社長は流暢な英語で対応をしておりました。

インドからの来場者も多く見受けられアルミ鍛造に関心を持たれておりました。

ここ最近、自動車業界も流れが変わりつつあります。
EV関係が注目されはじめたようです。
軽量化に効果的な使用材料の見直し(鉄⇒アルミ)となっており今後のGSTの事業展開にも大きな追い風が吹きつつあるように感じられます。

世界の流れ、タイの景気動向を探る為にも効果的な商談会だったと思いました。

画像をクリックすると拡大します

Company Trip 2017

  • 7/21~22 GST恒例の社員旅行に行って来ました。 場所はホアヒンと言う所で、王室の保養所が有り 海辺のリゾート地として有名な所です。 バンコクから車で2時間30分、パタヤからでは約4時間 の距離になります。
  • 駐在員3名はホアヒン近郊のゴルフ場でゴルフを 楽しんだ後、夕食を社員達と合流すべく宿泊場へ 向かう事にしました。 しばらく車で走ったが、一向に海は見えて来ず、 逆に内陸方向へ向かいはじめてようやく今日泊る 場所が海辺でないことに気が付きました。 よく考えてみるとGSTの予算で海辺のリゾートは 無理だったのかと思い、少しがっかりでした。
  • 到着した場所はケーンクラチャン国立公園に近い ダム湖の河川敷で川辺にスベリ台やボートで 遊べる遊園地が併設されたコテージ式のリゾート地でした。 社員達は川で泳いだりボートに乗ったりして 楽しんだようでした。 夕食の後はお決まりのカラオケとダンスがはじまり、 夜遅くまで、どんちゃん騒ぎをして居りました。
  • 去年は社員旅行の翌日、現場の作業者の半数が体調 不良で休んでしまったので、今年は金土を旅行日とし 休日を挟めたので、翌週の月曜は休みは1人だけでした。
  • 来年は社員旅行もランクアップして海辺のリゾート地に 行ける様、売上アップさせていければと思いました。

画像をクリックすると拡大します

「MTAベトナム2017」展示会出展

7月4~7日の4日間にてベトナム、ホーチミンで開催された「MTAベトナム2017」展示会のJETRO JAPANパビリオンへ共同出展いたしました。
本展示会への参加は当社の海外生産拠点であるGUNMA SEIKO(THAILAND)CO.,LTD.からの立地を生かした部品生産・供給のPRが目的です。
ローカル企業の来場が9割以上という展示会でしたが、一番の目的であったタイ工場の案件で具体的なご相談をいただけたことが大きな収穫となりました。 また、会期中に設定された個別商談会もローカル企業のお客様が多く、現地のサプライヤーチェーンの状況など直接に話を伺い情報収集することができました。
最後に、移動に利用したタクシーでは若干のトラブルに巻き込まれたものの無事に会期を終えることができました。

画像をクリックすると拡大します

第50期に向けてのキックオフ大会開催

6月30日(金)15:00から、第50期に向けてのキックオフ大会が行われました。
昭和43年7月に設立された当社は来月より、いよいよ50年目となります。
ここまで歴史を積み重ねてこれたことに対して多くのお客様や取引企業様や社員の皆様に感謝をしながら新しい50期を迎えていこうと思います。
これからも更なる挑戦を続けていく群馬精工にどうぞご期待ください。

丸茂洋一

画像をクリックすると拡大します

親睦会旅行

2017年5月27日(土)、春の親睦会旅行「松井農園釣り堀、ワイン工場見学及び海野宿散策」が開催されました。今回の参加者は協力会社様3名を含め48名と例年より若干多く、バス2台での旅行となりました。前日の天気が曇り空で当日の天候が心配されましたが、当日は晴天に恵まれ絶好の旅行日和となりました。
バスの中では、釣り堀で何匹釣れるか予想したり、お酒を飲みながら談笑したりと大いに盛り上がりました。松井農園に到着後、釣り堀組とワイン工場及び海野宿散策組に分かれて行動しました。

  • 釣り堀(にじます)では、青空の中、竿を垂らせばすぐに釣れたようで、みなさん大いに釣りを楽しんでいました。釣った魚は下処理を行い各自持ち帰りおいしく頂きました。
  • また、ワイン工場見学ではワインの造り方やワイン樽などが保管されている工房を見学しました。工場見学が終わり楽しみにしていた方が多かったおいしいワインの試飲にみなさん酔いしれていました。
  • 海野宿散策では、ワイン工場見学後ということもあってかほろ酔い気分で、情緒溢れる古い町並みの写真に撮ったり、資料館や神社の見学をしたりしていました。
  • 昼食は松井農園でバーベキューを食べ、食べ終わった方は農園内を散策したり、食後のデザートでソフトクリームを食べたりとのんびり過ごし、松井農園出発前には釣り堀で何匹釣れるかクイズの当選者発表を行いました。
  • 最後に軽井沢ショッピングプラザに立ち寄り、ショッピングやデザートを食べる人など各々時間の許す限り満喫しておりました。 道中、何人か飲みすぎた方がいましたが、参加された方の協力のもと大きな事故や遅延もなく無事に予定通り観光することが出来ました。次回も楽しい思い出が作れるような企画を考えますので、奮って参加をお願いします。

画像をクリックすると拡大します

New Face

田島 紀幸
所属 塑性課

①入社してどのような印象をもちましたか
入社当社は不安でしたが、社員のみなさんが気にかけてくださったりして、とても雰囲気のいい会社だと思いました。また始業前に清掃時間があり、「5S」を大切にしている印象を持ちました。

②仕事をする上で気を付けていること、または大切にしていること
生産を効率的にするため、作業手順を守り、無駄な動きがないように工夫しながら作業しています。また常に改善できることはないか考えながら作業するように心がけています。

③最近、うれしかったこと、または楽しかったことはありますか。
油圧プレスの段取り替えが最近一人で出来る様になってきた事と測定器の測定値が読めるようになってきたことがうれしかったです。

画像をクリックすると拡大します

次回の更新は2017年12月の予定です。お楽しみに!