技術紹介

冷間鍛造技術を軸に、高精度な製品づくりに挑戦し続けます。

アルミニウム冷間鍛造の工程イメージ

  • 精密冷間鍛造に適した高品質な素材を選定、設定されたボリュームを正確に切断。
  • プレス機により素材と金型の隙間が少ない鍛造時に適した形状および素材径にします。
  • 素材の鍛造性向上のため、材料の組織を均一化させる熱処理工程です。
  • 鍛造成型中の金型と素材の間の摩擦を減少、焼き付きを防止するために潤滑処理を行います。
  • 様々な実験データおよび工程設計に基づき、製品仕様に近い寸法精度に鍛造加工を行います。 >> 動画を見る
  • アルミニウム材など種類によっては、熱処理を施すことにより機械的強度が向上します。
  • 鍛造品を製品寸法に仕上げます。
  • アルマイト、メッキ、アロジン処理など、製品の外観と腐食に対する耐久性を高めます。
  • 万全のチェック体制により検査を行い、お客様にお届けします。

生産体制

高品質でしかも生産性の高いアルミニウム加工を実現する
冷間鍛造の一貫体制を構築しています。

さまざまなメリットを持つ冷間鍛造ですが、一方で材料を常温で鍛造するため複雑な形状のアルミニウム製品の加工には、より高度な技術力が求められています。そのため、アルミニウムの素材研究から加工プロセス、潤滑剤、さらには金型の精度などトータルに鍛造ノウハウを確立することが必要です。群馬精工では、創業以来の豊富な鍛造ノウハウに加え、最適な素材の選定から金型の設計製作、鍛造、さらには切削などの後加工まで一貫した生産体制を構築。多品種少ロット化するお客様ニーズに応える高精度な製品づくりを展開しています。また、油圧プレスを駆使したアイアニング加工やコスト低減につながる工程数の削減といった新しい加工技術にも積極的にトライするなど、アルミニウム冷間鍛造のパイオニアとして常に一歩先行く技術開発に取り組んでいます。

NC旋盤

冷間鍛造プレス

金型設計製作

蓄積された技術ノウハウと最先端のコンピュータ技術で高精度かつスピーディーに

冷間鍛造における高品質な製品づくり、それを支えているのが金型加工技術です。製品開発のリードタイムがますます短くなる中で、金型の設計製作には精度とともにスピードが求められています。群馬精工では、蓄積された豊富な技術ノウハウをもとに、最適な金型を製作するための素材の研究や鍛造時にかかる圧力や素材の流れ等を数値化する努力を積み重ねるとともに、最新の2次元シミュレーションシステムや放電加工機を導入。高精度かつスピーディーに金型を製作する体制を整備しています。

鍛造シミュレーション

金型

品質保証

お客様の厚い信頼につながる社員一人ひとりの飽くなきハイクオリティーの追求

より高品質な製品づくりへの挑戦、それも群馬精工の創業以来の一貫したテーマです。各製造工程において社員一人ひとりが飽くことなくクオリティを追求しつづけることで、お客様から品質に対する絶大なる信頼をいただいています。またグローバル時代に対応して、ISOの認証も取得しております。

納期管理

多品種少量生産に対応した正確でスピーディーなデリバリー管理システムを構築

多品種少量生産時代に問われるのは、必要なときに必要な量の製品を的確に供給するデリバリー体制の確立です。群馬精工では、オンラインによる受発注から各工程管理までコンピュータをフルに活用することでニーズに応えるクイックデリバリーを実現しています。